産み分けの経験談

産み分け


色々試した、自己判断の産み分け法
24年01月15日
産み分けと言う言葉を、聞いた事があるかとおもいます。子供を、望んでる家庭などは男の赤ちゃんが欲しいとか女の赤ちゃんが欲しいとか考えて未来図を描くのではないでしょうか。私も、どちらの赤ちゃんが欲しいとかで男の赤ちゃんを産み分けいたしました。産み分けでは、試した事があります。まず、食べ物を気をつけたのです。野菜中心を心がけ、特にサラダ菜を食べました。芋類は、なるべく避けましたが長いもなどのネバネバしたものが良いとされていたのでオクラを混ぜたりとした料理を食べたのです。飲みものも、気を使いルイボスティーなどのカフェインが少ないものやパートナーにはカフェインが含まれたものを飲んでもらったりとして産み分けをしてみました。冷え取りも、聞いたのでお風呂もシャワーではなくお湯に浸かったり寝る時は靴下を履いたりもしたのです。最終的には、神頼みで子宝に良いとされるのを聞いては画像にしたり方角に寝たりとしました。ザクロも、良いとされるので冷え取りの為にお湯で割りジュースにしたのです。そうして、産み分けを成功し念願の性別の赤ちゃんを私は産みました。ですが、こればかりは運も見方につけるのかなと思いましたが産み分けに成功です。(参考:産み分け(男性・女性)【任活で知っておきたい産み分け方法】

男の子が欲しくてリンカルSを飲んでみました
24年02月15日
一人目は女の子だった為、二人目は男の子がいいなと旦那と話していました。わざわざ病院に行ってまで産み分けするのもなぁと思っていたら、たまたま会った従姉妹から耳寄りな情報が。リンカルSというものを飲むと男の子が産まれるという内容。従姉妹も3人目に念願の男の子を出産している為、かなりの有力情報と判断。それも近くの産婦人科の受付で簡単に購入できると聞き、さっそく買いに行きました。病院の受付でリンカルSが欲しいと伝えると、まず住所や名前などの必要事項を記入、その後診察券を作成しました。とりあえず取り寄せになるため届き次第連絡するとのことで、その日は3箱予約して帰りました。そして約一週間後病院から連絡が!さっそく取りに行き、飲み方の説明を受けました。一日4粒お湯か水で飲むこと最低3か月は飲み続け、その後タイミングを取ること2日以上飲む感覚が空くとの見直しになること妊娠が確定するまでは飲み続けること以上の点を注意して服用することとのことでした。う〜ん、私の場合飲み忘れが心配だ。考えた結果キッチンの一番目立つところに置くことに。そしてさっそく飲んでみることに。粒が大きい!一気に飲むのは無理と判断し、一粒ずつ水で流し込んで飲んでみた。お味は、おいしくない!というより味がない。とりあえずこれを毎日最低3か月は続けなければならない。続くかな。でもこれも念願の男の子を産むため!頑張ろう。